FC2ブログ
第396回 2018(平成30)年1月度所得・法人・消費税収が発表されましたなど、政治・経済を中心とした日常的な情報を、独自な視点で解析します。

ランキングサイト

この記事のカテゴリー >>日本の税収の見方


中々記事が更新できずにおりますが。やはりこのシリーズには私にも思い入れがありますので、1月分も記事にしていきます。

私の記事のタイトルでは「2018(平成30)年1月度」としておりますが、財務省側は「平成29年度 30年1月」と表現しています。


2018(平成30)年1月度税収

平成30年1月度税収
ダウンロード

今回は先に12月度税収のデータを再掲するところから始めてみます。

【2017(平成29)年12月度税収】※(  )内は前年同月比です。
所得税全体 12月分 1.413兆(106.0%) 累計 11.597兆(104.8%)

 源泉分 12月分 1.372兆(106.5%) 累計 10.528兆(105.4%)
 申告分 12月分 0.041兆(91.7%) 累計 1.068兆(99.3%)

法人税 12月分 0.209兆(115.9%) 累計 4.772兆(114.5%)

消費税 12月分 1.008兆(103.8%) 累計 8.653兆(103.3%)

一般会計全体 12月分 3.538兆(105.4%) 累計 31.582兆(105.1%)

1月分のデータが、ここからどのように変化するのかをぜひご覧ください。

【2018(平成30)年1月度税収】※(  )内は前年同月比です。
所得税全体 1月分 2.970兆(124.4%) 累計 11.597兆(108.3%)

 源泉分 1月分 2.953兆(124.6%) 累計 13.482兆(109.0%)
 申告分 1月分 0.016兆(104.8%) 累計 1.085兆(99.4%)

法人税 1月分 0.244兆(119.3%) 累計 5.016兆(114.8%)

消費税 1月分 1.402兆(105.1%) 累計 10.055兆(103.5%)

一般会計全体 1月分 5.421兆(114.3%) 累計 37.006兆(106.4%)

いかがでしょうか。

前年同月比累計で見ると

 所得税全体104.8%→108.3%
  源泉分 105.4%→109.0%
  申告分 99.3%→99.4%

 法人税 114.5%→114.8%
 消費税 103.3%→103.5%

 一般会計全体 105.1%→106.4%

となっています。特に大きいのは「所得税収」のうち「源泉分」、つまり給与所得者の給与から差し引かれる税金の増収分で、1月が単月で前年同月比124.6%、この影響を受けて所得税収全体も単月で124.4%。金額で5833億円の「増収」となっていますね。

この影響は一般会計税収総額にも表れていて、単月の前年同月比がなんと114.3%。金額で6795億円の「増収」です。


上振れした「税収」の活用方法

予算ベースで比較しますと、2018年度の税収は予算ベースで前年同月比104%で組まれているわけですが、実績はこれを2.4%上回る106.4%となっています。つまり、税収に対して2.4%一般会計税収は「上振れ」していることになります。

金額に換算しますと、1月度累計で8347.44億円が税収の「上振れ」。

これがもし年度全体まで続くと考えると、2018年度の一般会計税収は57.712兆円が予算額となっていますので、1.317兆円が現在予測される税収の「上振れ」分となります。


【平成29年度補正予算と税収の「上振れ」分の活用方法】

平成29年度も、例年通り「補正予算」が組まれているわけですが、平成29年度の補正予算額は、総額で1.6548兆円となっています。

そして、このうち1.1848兆円が「建設国債」で歳入を賄うこととなっているわけですが、仮に2.4%という税収の「上振れ」がこのまま継続して計上されるとすると、その額は1.3兆円のうわぶれとなるわけですから・・・。

そう。わざわざ「国債発行」に頼らずとも補正予算分を賄えることになりますね?

そしてさらに補正予算も含めた「剰余金」が発生するとすれば、それはまた翌年度の歳入予算に組み入れることが可能になるのです。

毎度同じことを繰り返しお伝えしていますが、「所得税源泉分」は「従業員の給与の支給状況」を、「所得税申告分」及び「法人税」は「企業の実績」を、「消費税」は「国民の消費状況」を表しています。

いまだにアベノミクスが失敗しているようなことを平気で言う野党の方々もいらっしゃいますが、「税収」は「消費者物価指数」や「GDP」、「毎月勤労統計」などとは異なり、「実数」に基づいて算出された「実績」です。

その他のマクロデータはあくまで計算式を用いて算出した「参考資料」にすぎません。

その「実績」である税収の統計資料がここまでの「好実績」を示しているのに、いまだに「アベノミクスは失敗した」と言っている皆々様。そろそろ目を覚ましてはいかがでしょうか。



このシリーズの次の記事
>> 第399回 2018(平成30)年3月度所得・法人・消費税収が発表されました
このシリーズの前の記事
>> 第394回 2017(平成29)年12月度所得・法人・消費税収が発表されました

にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 経済ブログへ

このシリーズの一覧をご覧になりたい方は>>日本の税収の見方 よりご確認ください


このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

スポンサードリンク

Copyright © 真実を問う!データから見る日本 All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]