FC2ブログ
第248回 ABCD包囲網とオランダ/対仏印泰施策要綱と南方施策促進に関する件など、政治・経済を中心とした日常的な情報を、独自な視点で解析します。

ランキングサイト

この記事のカテゴリー >>十五年戦争(日中戦争)の原因と結果


<継承する記事>
第247回 ABCD包囲網に至る日本とオランダの経緯/日蘭会商⑥

まず最初に、タイトルにもある「対仏印泰施策要綱」と「南方施策促進に関する件」について掲載します。
私がタイピングしてますので、ひょっとして誤字等がございましたらご勘弁を。

文字は読みやすい様に現代時に打ち変えています。
最初は読みにくく、抵抗を覚えるかもしれませんので、とりあえず読み飛ばしてください。
【対仏印、泰施策要綱】
昭和16年1月30日
大本営政府連絡会議決定

第一 目的

大東亜共栄圏建設の途上において帝国の当面する仏印、泰に対する施策の目的は 帝国の自存自衛の為仏印及泰に対し軍事、政治、経済に亘り 緊密不離の結合を設定するに在り

第二 方針

1.帝国は速に仏印及泰に対する施策を強化し 目的の貫徹を期す
  之が為 所要の威圧を加え 止むをえざれば仏印に対し武力を行使す

2.本施策は英、米の策謀を排し 敏速にこれを強行して成るべく速に目的を概成す

第三 要領

1.帝国は失地問題処理を目標とする仏印、泰間紛争の居中調停を強行してこれを契機として帝国の仏印、泰両地域における指導的地位を確立する如く施策す

2.泰に対しては成るべく速に日、泰協定を締結し仏国に対しては経済交渉の即決を図ると共に 機を見て日、仏印間結合関係を増進すべき
  一般的協力並 仏印、泰間紛争防止の保障及 日、仏印間通商交通擁護を目的とする軍事的協力に関する協定を締結す
  右協定に於て充足せらるべき帝國の政治的及軍事的要求 左の如し

 イ. 仏国をして仏印に関し第三国と一切の形における政治的軍事的協力をなさざることを約束せしむ
 ロ. 仏印特定地域における航空基地及 湾岸施設の設定又は使用並 之が維持の為 所要機関の設置
 ハ. 帝国軍隊の居住、行動に関する特別なる便宜供与

3.政、戦両略の妙用を期する為 速に所要の作戦準備を整ふると共に武力行使の時機は予め機を失せず之を定む

4.交渉の経過に応じ 適時威圧を増大し 目的の達成に勉む
  右威圧行動に対し仏印が武力を以て抵抗せば当該部隊は武力を行使するもこれを強行す

5.仏国が紛争解決に応ぜざる場合には仏印に対し武力行使を予定し 其発動は別に決定せらるるものとす
  協定締結を拒否する場合に於ける武力行使は予めこれが準備を為すも 其発動は当時の情勢に依り決定す
  右武力行使は仏国をして我要求に聴従せしむるを以て限度とし 武力行使後に於ても極力仏印の治安維持、政治経済等は仏印当局をして当たらしむに勉む

6.泰にして我要求を拒否する場合に於ては日、泰協定の内容を変更し又は威圧を加ふる等 極力我要求を容認せしむるに勤め如何なる場合に於ても泰をして英、米側に赴かしめざる如く施策す

7.本施策に応ずる如く帝国の与論を統一すると共に 徒に英、米を対象とする南方問題を激化せしめ無用の摩擦を生ぜざるに留意す

こちらが「対仏印、泰施策要綱」です。第241回の記事 に於きまして、泰仏印紛争について私、「1941年1月21日、双方は停戦と相成ります」と記しましたが、交渉そのものは、1941年5月9日まで継続しており、1941年5月9日に泰・仏印双方が東京条約に調印したことで「終戦」と相成りました。

この時の日本側の行動の指標となったのが上記にある「対仏印、泰施策要綱」です。

【南方施策促進に関する件】
昭和16年6月25日
大本営政府連絡会議決定
同日上奏御裁可

1.帝国は現下の諸般の情勢に鑑み 既定方針に準拠して 対仏印泰施策を促進す
  特に蘭印派遣代表の帰朝に関連し 速に仏印に対し東亜安定防衛を目的とする日仏印軍事的結合関係を設定す

2.前号の為 外交交渉を開始す

3.仏国政府または仏印当局者にして我が要求を応ぜざる場合には武力を以て我が目的を貫徹す

4.前号の場合に処する為 予め軍隊派遣準備に着手す

以上が「南方施策促進に関する件」です。

「特に蘭印派遣代表の帰朝に関連し 速に仏印に対し東亜安定防衛を目的とする日仏印軍事的結合関係を設定す」
とあるように、これが日蘭会商の打ち切りを受けて決定されたものであることは明確です。

「対仏印、泰施策要綱」には、冒頭から

 「帝国は速に仏印及泰に対する施策を強化し 目的の貫徹を期す
 之が為 所要の威圧を加え 止むをえざれば仏印に対し武力を行使す」

とあります。この要綱は、泰仏印紛争に於いて、日本が紛争解決のために介入し、その見返りとして、特に仏印との間で

「一般的協力並 仏印、泰間紛争防止の保障及 日、仏印間通商交通擁護を目的とする軍事的協力に関する協定」

を結ぶことを目的としています。また、その見返りとして日本が仏印に対して求めたのが

 イ. 仏国をして仏印に関し第三国と一切の形における政治的軍事的協力をなさざることを約束せしむ
 ロ. 仏印特定地域における航空基地及 湾岸施設の設定又は使用並 之が維持の為 所要機関の設置
 ハ. 帝国軍隊の居住、行動に関する特別なる便宜供与

の3つ。

日本が武力を用いるとしているのは、この施策に於いて、紛争解決に応じなかった場合、及び日本側からの要求に応じなかった場合の事。

実際には仏印はこの紛争解決に応じ、5月9日の段階では終戦状態に落ち着いていますので、蘭印との交渉打ち切りを受けて決定された「南方施策促進に関する件」に於いて問題となるのは、特に「対仏印、泰施策要綱」第2項に関連してのことです。


「ヴィシー政権」と「ドゴール政権」

「フランス領インドシナ」は、その名称の通りフランスの植民地です。

ところが、当時のフランスはドイツに敗北し、日本側が交渉していた「ヴィシー政府」は、ドイツの占領下、ヴィシーに拠点を構えたドイツの「傀儡政府」でした。

ですが、一方で当時のフランスにはもう一つ、オランダがそうであったように、イギリスに拠点を構える、亡命政権、「自由フランス」が存在しました。後にフランス大統領を務めることとなる「シャルル・ド・ゴール」が代表を務める政権で、当然当時のイギリスはヴィシー政権ではなく、ドゴール政権をフランス政府として承認していました。

日本が最も恐れていたのは、いつか仏印が自分たちが交渉している相手であるヴィシー政権を離脱し、ドゴール側についてしまうことでした。

ヴィシー側と交渉している間はおそらく武力衝突が起きることはないのでしょうが、「南方施策促進に関する件」において「仏国政府または仏印当局者にして我が要求を応ぜざる場合には武力を以て我が目的を貫徹す」としているのは、ヴィシー政権が反発するケースまで含めて予め想定していたということですね。

この、「南方施策促進に関する件」を大本営にて決定した上で、日本はフランスヴィシー政権に対して、南部仏印進駐に対する承諾を得るための交渉に入ります。

これが合意に至れば、仮に仏印がドゴール側に寝返って日本軍に反乱してきたとしても、日本軍はこれを武力によって制することが可能になります。

ヴィシー政権は、「仏印の主権尊重を日本側が声明すること」を条件とし、日本側の要求を全面的に承諾します(1941年7月21日)。7月23日、双方が書面にて合意に至り、翌24日交渉妥結に至ったことが独伊に、翌25日、米英に対して同じ内容が通報されます。

これを受けて同25日、アメリカは対日資金凍結措置を、イギリスがこれに追従し、同じく対日資金凍結措置を行い、翌26日には日英通商航海条約の破棄を通告しました。また、オランダもこれに追随し、「日蘭民間石油協定」を停止します。

前記した通り、日本にとってこれは「平和進駐(武力は用いていない)」であり、継続してアメリカとの交渉を続けることを希望します。ですが、野村駐米大使と会談したヴェルズ国務次官は、「世論からの突き上げもあり、対日石油禁輸に踏み切る可能性がある」と警告。

【野村吉三郎駐米大使】
野村吉三郎


25日の時点では、既に南部仏印進駐の部隊は派遣されており、7月28日、日本軍は南部仏印進駐を開始します。

8月1日、ついにルーズベルトは対日石油輸出全面禁止へと踏み切り、これにイギリスが追従しました。ABCD包囲網の完成です。


最終的にルーズベルトを対日全面禁輸と踏み切らせたのは、米国内における「世論」でした。
ABCD包囲網という呼び方も正直どうかと思うんですが、それよりも何よりも、米英仏の蒋介石に対する継続的な支援さえ行わなければ日本が仏印進駐を行うことなどありませんでした。

何より蒋介石軍はもっと早急に殲滅され、何十万という日本兵が犠牲になることはなかったでしょう。
中国人の犠牲者の数ももっと少なかったでしょう。

日本軍は、決定内容にこそ、「武力の行使」を記載していましたが、仏印進駐における一部軍人の暴走以外で武力を用いることはありませんでしたし、いたって平和的に進駐を行いました。

蘭印との交渉も、最終的に打ち切られこそしたものの、双方非常に粘り強く交渉は行われています。

日本軍がその武力を用いたのは「中国」と「ソ連」に対してのみです。しかも、「対共産党」という名目の下。
一方で米英側はどうだったでしょうか。

フランスは途中で日本に協力する姿勢へと変わりましたが、蒋介石軍に支援物資を送り続け、結果的に日中双方に膨大な犠牲者を出しづづけました。

米英が蒋介石軍を支援し続けた理由は、アヘン戦争以降、自分たちが蹂躙し続けてきた中国人に対し、第一次世界大戦後に締結された「9カ国条約」の下築かれた「ワシントン体制」に基づいて、戦争に依らない紛争の解決、中国政治への不介入を貫き続けたことが原因です。

結果的にソ連の南下を許し、中国に「共産主義」をはびこらせ、日本人だけでなく、自分たち欧米人も「虐殺」と「残虐なる暴力」の憂き目に合い続けてきたはずなんですけどね。

日本が、本当に米国に対して真珠湾攻撃まで行う必要があったのかどうか。ここまではまだ把握できていませんが、ここまでの段階で冷静に考えれば、本当に日本に「非」があったのかどうかは明白ではないかと思います。

さて。次回記事では、改めて「ハルノート」というものに着目し、日本が戦争を越した理由は、本当に「ハルノート」によって「全面降伏か、敗北か」を選択せざるを得ない状況に追い込まれたからなのか。そのような視点に着目して記事を作成したいと思います。



このシリーズの次の記事
>> 第247回 ABCD包囲網に至る日本とオランダの経緯/日蘭会商⑥
このシリーズの前の記事
>> 第249回 日本はなぜ真珠湾を攻撃したのか/日米開戦の原因に迫る①

にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 経済ブログへ

このシリーズの一覧をご覧になりたい方は>>十五年戦争(日中戦争)の原因と結果 よりご確認ください


このエントリーにお寄せ頂いたコメント

日本は結果的に武力行使しませんでしたが、
仏印側には外交的交渉でもって平和裏に日本進駐を拒否、乃至譲歩を模索する選択肢は初めからなかったという事でしょうか
nor at 2017/11/25(土) 03:35 | URL

コメントありがとうございます。

> 日本は結果的に武力行使しませんでしたが、
> 仏印側には外交的交渉でもって平和裏に日本進駐を拒否、乃至譲歩を模索する選択肢は初めからなかったという事でしょうか

一つだけ誤解していただきたくないのは、この問題に関して私は専門家ではない、という点です。
ですから、私が記している内容を、そのまま疑わず、信用するということだけはしないでくださいね。

ですが、それでも私の中で裏付けを行って作成した記事ですから、一定の信頼性のある記事だとは考えています。

以上のことを踏まえたうえで、ですが、まず仏印側にとって南部の進駐を拒否することが、本当に「平和裏」な選択であったのかどうか、ということです。

日本が南部仏印進駐を決断するに至った時点で、すでに日本は北部仏印進駐を実行しています。

ですから、ヴィシー政府は北部進駐後、日本の同地域に対する振る舞いについて、ある一定の信頼があったからこそ南部進駐を承諾したのではないか、と考えることもできます。

この時代の日本の他国に対する交渉の姿勢は、常にいささか強引で、半ば上から目線に感じられる部分が多々見られます。

ですので、例えば日本側からヴィシー政府に対して、「交渉に応じなければ武力行使せざるを得ない」といったような、半ば脅しともとられるような交渉が行われなかった、と断定することはできないと思います。

ですが、交渉の経過を見てみると、どうも日本側とヴィシー政府との間で交渉が対立したり停滞したりするようなことは見受けられませんので、ヴィシー政府は日本側からの要求に表立って反発したりするようなことはなかったのではないでしょうか。

北部進駐を認めた段階で、ヴィシー政府から「進駐を拒否する」という選択肢はすでに外されていたのではないか、と私は思います。
のんき at 2017/11/25(土) 11:17 | URL

返信ありがとうございます
主権国家が自国内への他国の軍の進駐を拒否する事が「平和裏でない」というのはかなり両国が敵対的か片方が従属的な状況にあるように個人的には思いましたので。
こちらの記事は「データに見る」という題に恥じない、非常に信用のおける物と私も思います。
各記事の結論部分に関しては、私が掲載された資料を読んで感じる結論と異なる事がしばしばありますが、それは前提となる信条が個々に違うためでしょうね。
逆に言えば、資料掲示に際し、持論に合わせた偏向があまりなく、資料的記述と持論部分を明確に分ける事ができておられるのだと思います。
意見は異なりましたが、真摯な探求姿勢に大変感動しました。今後の記事作成も頑張ってください
nor at 2017/11/26(日) 10:02 | URL

こんにちは。もう二つ程蛇足を加えるのでお許しを

一つは先のお返事についてですが、私が問題に感じたのはヴィシー政府側の見解ではなく、日本側の「ヴィシー政府から進駐拒否の回答があった時はどうする方針であったか」という事でした。
平和的関係であれば、どんな不測の事情であれまずは進駐停止し、外交により仏印政府に進駐を認めるよう要求すると思われますが。

もう一つは、そもそも合意であるなしによらず、南仏印という南西太平洋地域内に兵力を進める事自体が、反米的と取られてもおかしくない行動なので(日本側で考えれば、この時期にアメリカやイギリスがフィリピンやマレーなどに増兵すれば自勢力領内と言えど非常に緊張感が高まるでしょう)
それを断行した止まれぬ事情は何であったのかと思い、ある種の期待を持ってこちらのシリーズを読ませてもらっていたのですが
・仏印政府自身の外交に対し、ドゴール政権寄りに方針転換する選択肢を、武力を用いて予防的に妨害する事
・蘭印関係に武力を背景とした圧力を加える事
という理由しか出なかったのが、少し悲しかったです
nor at 2017/11/27(月) 16:38 | URL

再度のコメント、ありがとうございます。

私の個人的な推測としてはもしヴィシーが連携拒否をすれば、当時の日本政府は武力による進駐を決行する可能性もあったのではないか、と考えています。ただ、これは希望的観測と言えるかもしれませんが、当時の外務省としては、交渉を成功裏に進める自身もあったのではないか、とも考えています。

「平和的関係であれば、どんな不測の事情であれまずは進駐停止し」とのことですが、これまで仏印は日本が進駐する以前に、フランス政府によって植民地化されていたわけですし、この時のフランス軍の振る舞いと日本軍の振る舞いとを比較したのではないでしょうか?

あくまでもネット上ですが、そうと推測できるような記事もいくつか目にしています。裏付けが難しいので、私のブログでは引用していませんが。

また、南部仏印進駐を「断行したやまれぬ事情」についてですが、例えば松岡はこのことに反対していましたし、その理由として「石油全面禁輸」を米国側が行ってくることを松岡はすでに予言し、大本営に進言しています。

私がこの記事を作成した目的の一つとして、南部仏印進駐を行った段階ではまだ「石油全面禁輸は想定されていなかった」とする意見を述べる方をよく見かけましたので、それが本当なのかどうか、ということを検証することが一つの目的でした。

結果として、松岡がこれを進駐前に進言している以上、「想定されていなかった」とする主張は詭弁にすぎないと私は考えています。イギリスがラオスからの支援ルートを再開することも予言していました。

ですが、それでも日本軍が南部仏印進駐を行った理由が「資源を確保するため」だけであったとする理由には疑問をぬぐえませんでした。

石油全面禁輸をされれば、対米開戦を決断せざるを得ないことは、大本営側はすでに決断している以上、これが予測されるリスクを背負ってまで南部仏印進駐を決断するに至った理由として、唯一説得力がある、思えたのがnorさんが示された、

「仏印政府自身の外交に対し、ドゴール政権寄りに方針転換する選択肢を、武力を用いて予防的に妨害する事」

という理由です。米国が欧州参戦を決断すれば、日本としては否が応でも対米戦を決断せざるを得なくなります。

対米戦が現実のものとなったとき、仏印が同盟側の勢力であるのか、それとも連合国軍側であるのか、という状況は、日本にとっては戦局を大いに揺るがしかねない状況であると思います。

また、これが蘭印関係に武力を背景とする圧力を加える目的があったかどうか、ということですが、日本軍側にその目的はなかったと思います。

というのも、日本が南仏進駐を決行したのは、蘭印との交渉が事実上破綻した後だったから。

というよりも、蘭印との交渉には、南部仏印進駐を決行する対案としての役割もあったはずですが、これが破綻したことが南部仏印進駐を決行させる理由ともなったのだと思います。ですが、それは決して蘭印に圧力をかけることを目的とはしていないと思います。

ただ、ここに記している内容はすべて私の「私見」であり、どれも明確な裏付けを行える内容ではありません。

当時の日本にとって、「対米開戦」がどれだけ大きな意味合いを持つものであったのか、ということを考えていただけると、

「仏印政府自身の外交に対し、ドゴール政権寄りに方針転換する選択肢を、武力を用いて予防的に妨害する事」

という理由も、決して取るに足らない理由ではない、と感じていただけるのではないでしょうか。
のんき at 2017/11/28(火) 00:17 | URL

長々したコメントにお付き合いいただきありがとうございます。
うまく伝わらなかったようですが
「仏印政府自身の外交に対し、ドゴール政権寄りに方針転換する選択肢を、武力を用いて予防的に妨害する事」
は率直に言うと
「武力を用いて他国に意志を強制する事」なので手段としてまずい。
また目的である「交渉決裂後の対米開戦に備えた準備」も交渉妥結を望む側の行動として不適当と思います。
この辺りそのままだと記事を読んだ人に日本の正当性を訴えるには逆効果にもなりかねないように思います。
正当である事をもう少し深く考察するとか、別の理由がなかったか再度探るか、いっそ方針転換して避戦を求めた日本の失敗部分として捉えてみるか、シリーズの趣旨を通すには何かもう一工夫要る気がしました。
ま~、一読者の感想ですので見当違いの杞憂かもしれません(笑)
nor at 2017/11/29(水) 12:04 | URL

「仏印政府自身の外交に対し、ドゴール政権寄りに方針転換する選択肢を、武力を用いて予防的に妨害する事」

を目的として南部仏印進駐を行った、とのことに対して、私は確かにこの文章を引用する形で陸軍が南部仏印進駐を行った理由だとお示ししましたが、後半の「武力を用いて予防的に妨害する事」を目的としたかどうかというと、これには全面的に同意しているわけではありません。

少なくともヴィシー政府は日本軍が南部仏印進駐を行うことに同意しており、仏印政府もこれを承諾していますから、南部仏印進駐を行った理由そのものが「武力を用いて予防的に妨害する事」にあったわけではないと思います。

ただ、これを決断するに至った理由として、「ドゴール政権寄りに方針転換する」恐れを払しょくできなかったことがその理由だと考えています。

既に記していますように、日本軍がヴィシー政府との交渉の段階において「拒否すれば武力行使せざるを得ない」という主張を行わなかった、とは言えないと思っています。実際大本営の行った決定にはその文言が入っているわけですから。

ですが、実際には日本軍は仏印政府に対して、南部仏印進駐に関しても武力を用いて威嚇することは行っていません。

ですから、「武力を用いて他国に意志を強制」したわけではないと思います。

また、「交渉決裂後の対米開戦に備えた準備」が交渉妥結を望む側の行動としては不適当だ、とのご意見ですが、私は日本側のこの考え方を「正当化」したくて記事を作成しているわけではありません。

これを擁護する人たちの多くは、

「南部仏印進駐を行った際、日本軍は石油全面禁輸をされるとは思わなかった(日米開戦を決行する意図はなかった)」

との考え方を記しています。ですが、これは南部仏印進駐を行う前に、松岡が大本営に対してはっきりと「南部仏印進駐を決行すればそうなる」と言っていますから、この考え方は違っている、と私は考えているのです。

松岡を半ばクーデター張りに罷免し(これも大本営は米国の意見に従えば少しは米国が譲歩すると考えたため)、これを決行した大本営側の腹積もりとしては、「これを決行して、もし石油全面禁輸を実行してくれば対米開戦を決意し、行わなければこれまで通り交渉を続ける」と考えていたものと思われます。

日本側から米国側への要求は

1.蒋介石を支援することをやめること
2.欧州戦に参戦しないこと

の2点です。一方の米国側からの要求は

1.フィリピンにおける米国の権益を侵害しないこと
2.ドイツとの同盟関係を解消すること

の2点です。日本とするとフィリピンにおける米国の権益などどうでもよいわけですから、蒋介石を支援することさえやめてくれればよかったのです。

米国が蒋介石軍を支援した根拠は、蒋介石軍が上海において、自軍が日欧米の共同租界を空爆した様子を撮影し、写真、動画、記事などを国連に、「日本軍の悪行の証拠である」として提出し、日本軍に対する制裁を要求したことにあります。

これに日本軍は何一つとして反論しなかったことから、国連に所属する国々が独自に日本に対して経済制裁を行うことが正当化され、これを根拠として米国は蒋介石軍に対する資金援助を行い続けました。

米国だけでなく、フランスも、イギリスもそうです。

戦争を行う行為を「正当化」できる理由など、本来どこにも存在しないと思います。ですが、現地に居住し、また商業を営む人々を、赤く染まった蒋介石軍の手から守るために、当時の日本軍としてはその方法しかなかったのだと、私は思っています。
nonkinonki at 2017/11/29(水) 17:40 | URL

毎度丁寧なご回答ありがとうございます。
おかげさまでこちらの考え方については理解できました。
前提知識の異なる点や考え方として同意できる点、できない点はもちろんありますが、どのような考えの上で記事のような結論に至ったか確認できたので、一つの論として納得しました。
一読者のコメントに長らく丁寧にお付き合いいただき、ありがとうございました。
nor at 2017/11/30(木) 16:03 | URL

こちらこそ、コメントありがとうございます。


私が記している内容は、数多くある選択肢の中から、最も「つじつまが合う」と私自身が感じたことを記事にしています。

「主観的」か、「客観的」かと申しますと、記している内容は「客観的」なものを極力記していますが、そこから派生する私自身の考え方に「主観的」な要素が排除できないのもまた事実です。

私の考え方に批判的な表現があれば、私自身が作成した記事ですから、当然反論はさせていただいています。

ですが、それもまた数多くある判断材料の中の一つでしかないこともまた事実です。

皆さんからのご意見をいただきながら、より「真実」に近い情報にたどり着けるよう、今後とも勉強していきたいと思います。

どうもありがとうございました。
nonkinonki at 2017/12/01(金) 18:46 | URL

URL:
コメント:
 

スポンサードリンク

Copyright © 真実を問う!データから見る日本 All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]