FC2ブログ
語り継ぐ日本の未来など、政治・経済を中心とした日常的な情報を、独自な視点で解析します。

ランキングサイト

この記事のカテゴリー >>語り継ぐ日本の未来


いよいよ「平成」の御代が終わり、「令和」へと紡がれる時が訪れます。(平成31年20時現在)

この記事の公開は、御代が移り変わる、まさにその瞬間にしようと思います。

年齢がわかってしまいそうですが、私は中学生の時に昭和の終わりを迎え、また平成の始まりを体感しました。

30年と一言で表現しても、それは本当に長く、永遠にも感じられるようなひと時でした。

私自身が本当の意味で成長させられたのは、まさしく最後の10年間だったでしょうか。

このブログがスタートしたのは平成27年9月10日。ものすごく長い間続いていたように思いますが、まだ3年半ほどしか続いていないんですね。

旧ブログから引き継いでのスタートで、旧ブログが始まったのが平成20年7月18日の事。リーマンショックが勃発するほぼ2か月前のスタートですね。見てみたい・・・という方もいらっしゃるでしょうが、今見るとまあまあ恥ずかしい思いがしますので、ここではご紹介いたしません。

ブログの雰囲気も全く違いますよ。

本日が平成31年4月30日ですから、そう考えると私が「ブログ」を書き始めてから10年は経過したんですね。

当初はよもや私がここまで「政治経済」、そして「歴史」に関心を持つことになるとは露ぞ思っていませんでした。

学べば学ぶほど、「日本」という国を構成しているものが一体何なのか。この事をつくづく考えさせられることになりました。


「政教分離」と「天皇制」

今朝の事、某番組で、一部のコメンテーターがこの事を話題として取り上げていました。

今回の御代替わり、現在においては平成の代の今上陛下がご譲位をなさるための儀式について、これが「国事行為」に該当するのか、しないのかということにしきりにこだわっていました。

ですが、ここまで「歴史」を学んだ私からすれば、この事は違和感しか覚えません。

そもそも「政教分離」という考え方は、敗戦後の日本に持ち込まれた考え方であり、この事を理由に日本の文化や伝統を否定するような真似が、一体なぜできるのでしょうか?

神話の時代から考えれば本年は皇紀2679年。歴史上、その存在を確認できるようになってからも既に1300年以上続く御代です。

このような国は、世界中どこを探しても存在しません。

天皇陛下の存在を、なぜ「憲法」の下で考えようとするのでしょうか。


「敗戦国」日本

あえてネガティブな表現を用いています。

TV上で、コメンテーターが天皇陛下のご存在を、「伝統」や「国體」ではなく、「法制度」の下で考えようとする理由はここにあります。

日本が戦争に敗れたのは、日本が悪かったから。中国や朝鮮半島を侵略し、たくさんの人々を殺戮したから。
この様な「呪縛」に未だにとらわれ続けている人達がこの国に存在するから、上記のような発想になります。

ですが、私が作成した 日本の近代史 を見ていただいてもわかると思いますが、私たちの国家である日本が、なぜ朝鮮半島を併合し、満州を独立させ、華北~中華東部を独立させたのか。それはよくご理解いただけると思います。

陛下の治世は、決してそのような禍々しいものではないのです。


教育勅語

教育勅語」のシリーズでお示ししましたが、その冒頭には以下のような記述があります。

朕(ちん)惟(おも)うに  我(わ)が 皇祖(こうそ)皇宗(こうそう) 国(くに)を肇(はじ)むること 宏遠(こうえん)に 徳(とく)を樹(た)つること 深厚(しんこう)なり

「皇祖」「皇宗」とは、歴代の天皇陛下とその祖先、「神々」たちのことを意味しています。

そして、ここでいう「国」とは、何も日本の事のみを指し示すのではなく、いわば私たちが暮らす「地球」全体を意図したものです。

「国」はまさに人類が誕生したその瞬間から肇(はじ)まったのです。そして神々が育て始めた「徳」は、今も尚、現在の私たち日本国民によって育てられ続けています。

これを意図しているのが続く以下の文章で、
我(わ)が臣民(しんみん) 克(よ)く忠(ちゅう)に 克(よ)く孝(こう)に 億兆(おくちょう)心(こころ)を 一(いつ)にして 世々(よよ)厥(そ)の美(び)を済(な)せるは 此(こ)れ 我(わ)が国体(こくたい)の精華(せいか)にして 教育(きょういく)の淵源(えんげん) 亦(また)実(じつ)に此(ここ)に存(そん)す

ここには私たち「国民」が、たくさんの心を一つにして長い間「美」を済(な)している、と書かれています。

ここにいう「美」とは、見た目の美しさではなく、親孝行や友情、尊敬する心や思いやり、そして義侠心など、様々な国民の心の有り様を意図しています。

そしてそれが日本のあるべき姿そのものであり、それこそが日本国民の教育が長らく深めてきたものであり、それが今まさにここにあると、そう書かれてあります。

「自由」や「平等」を求めることは、確かに大切なことかもしれません。ですが、改めてそれが何に対する自由なのか、平等とは何にとっての平等なのか。これを考える機会も必要なのではないでしょうか。

そして「自由」や「平等」よりも大切なものは、私たち自身の在り方。心の持ちよう。その精神的な支柱なのではないでしょうか?

新しく訪れる「令和」の代が、真の意味で日本国民全体が人のために尽くすことができる代となることを、私は心から願っています。

1436542.png




このシリーズの次の記事
>>
このシリーズの前の記事
>>

にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 経済ブログへ

このシリーズの一覧をご覧になりたい方は>>語り継ぐ日本の未来 よりご確認ください


スポンサードリンク

Copyright © 真実を問う!データから見る日本 All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]