日銀データの見方など、政治・経済を中心とした日常的な情報を、独自な視点で解析します。

ランキングサイト

この記事のカテゴリー >>日銀データの見方


<継承する記事>
第166回 政策金利と公定歩合の違い/「金利目標」と「量的緩和」

【前回の内容】
記事内容としては前回の記事と同じ内容を取り扱うことになります。

前回の記事に掲載した内容は文字ベースで、しかも読売新聞社が編集した、黒田さんの発言の一部が切り取られた情報をベースに、私なりの解釈を加えて記事にしたのですが、改めて動画ベースで、黒田さんの発言をすべて聞いた上で、本当に私の解釈が適正であったのかどうか。これを書き記す必要はあるなと感じました。

【今回のテーマ】

黒田総裁 会見

今回の記事では、第167回の記事 を受けて、私の解釈と比較しながら、また黒田総裁が度々用いる専門的な表現と、語彙のつかみにくい表現について解釈を加える形で記事を作成できればと考えています。

この記事のカテゴリー >>日銀データの見方


<継承する記事>
第166回 政策金利と公定歩合の違い/「金利目標」と「量的緩和」

昨日、こんな記事がニュースになりました。

【読売新聞 2016年09月21日】
日銀、長期金利0%に誘導…新政策目標

日本銀行は21日の金融政策決定会合で、金融緩和の枠組みを変更し、軸足をこれまでの世の中に出回るお金の「量」から、長期と短期の「金利」に移すことを決めた。

 金融機関が日銀に預けているお金の一部に事実上の手数料を課す「マイナス金利政策」の金利と、10年物国債の流通利回り(長期金利)を目標とする。主要国の中央銀行が長期金利を金融政策の目標とするのは異例で、日銀の取り組みは新たな局面に入った。

 黒田東彦総裁は会合後の記者会見で、「新たな政策枠組みの下で、2%の(物価目標の)実現に向けてより一段と強力な金融緩和を実現する」と述べた。その上で、「量、質、金利で追加緩和の余地はあり、必要に応じて行う」と強調した。

 日銀はマイナス金利については年マイナス0・1%を維持し、長期金利については現在の市場金利と同水準の0%程度で推移するよう国債を買い入れることを決めた。日銀はこの枠組みの導入を、7対2の賛成多数で決めた。日銀が利回りを指定する新たな国債買い入れの手法も導入する。

黒田総裁

この記事、見る人によっては少し「わかりにくい」と感じる方もいらっしゃるでしょうし、ここに記されている情報から、正確な情報を読み取ることができない方もいらっしゃると思います。理由は、黒田さんが勘違いされるような表現方法を用いているから。
半ば意図的だと思います。

【今回のテーマ】
今回ご説明する内容は日銀の「マイナス金利政策」と、今回発表された「長期金利政策目標の導入」について記事にしようと考えています。

丁度「マイナス金利政策」に関しては記事にする予定でしたし、前回作成した記事のおかげで、「マイナス金利政策」についての説明が行いやすい状況も作れていましたので、丁度良いタイミングだと思います。

また今回の「長期金利政策目標の導入」に関しては私、それなりに好印象を抱いておりまして、限界を迎えつつあった「金融緩和緩和政策」が漸く正常な判断に転換されたな、というのが私の感想です。

丁度同じ記事の中に二つのキーワードが含まれておりますので、この機会にこの二つの言葉の意味について記事にしたいと思います。

この記事のカテゴリー >>日銀データの見方


とあるサイトに「回答」を行っていたとき、私の中にある大きな「勘違い」に気づかされましたので、今回はその「勘違い」について記事を作成したいと思います。

その問題がタイトルにも掲載した「政策金利」と「公定歩合」の違いについてです。
やはり、一つ一つの情報は、きちんと理解したうえで言葉にしなければらないな、と改めて感じさせられました。

「思い込み」は「知ったかぶり」につながる、という典型的な事例でした。

【日本の政策金利の推移】
政策金利の推移

【今回のテーマ】

上図は、「日本の政策金利」の推移です。
青いグラフは、かつて「公定歩合」と呼ばれていたものの推移。オレンジのグラフは、現在「政策金利」と呼ばれているものの推移です。

今回の記事では、この「公定歩合」と「政策金利」の違いを中心に、現在の日銀の金融政策について、トータルで考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

Copyright © 真実を問う!データから見る日本 All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]